• ポプラモダンバレエスクール
  • 身体教養教室 桜くらぶ
  • 出張講座依頼
  • 講師紹介

三重県津市を拠点に、子どものためのバレエ、基礎表現教室、大人のための健康教養教室、出張講座、作品のアウトプットを行っている、ポプラ身心育成研究会です。

※身体教養とは、鹿屋体育大学学長の福永哲夫先生が提唱されている「自分が理想とする身体を創造していくための知識と技術を身に着ける」という概念です。
私は、先生の講義でこのお考えに出合い、現代万人に必要な処方箋であり、自分が目指す内容であると自覚しました。許可を得て使わせていただいています。
おしらせ
リロード
津市立雲出小学校へ アウトリーチ
2017年5月30日(火)
声を出しながら走って、バトンタッチ・・・・・ちゃんと目を見ることができてました。 
胸郭を広げながら「ド~は、ドーナッツのド~♪」 
 

2010.文科省から子どものコミュニケーション能力育成強化のため、芸術体験事業の推進が始まっている。

森の劇場プロジェクトでは、上記に則り、またプロジェクトならではの(市内の文化芸術活動家による複数回の訪問が可能、学校の要求に応じてジャンルの違う複数の講師で取り組むことができる、など)アウトリーチを行っていくために、今年度は雲出小学校にモデル校となってもらい、「連合音楽会に向けてのWS」と「ダンスクラブへの講師派遣」を行うこととなりました。

【5月30日(火) 3限目・4限目-------4年生・5年生の約80名-------連合音楽会に向けて!】
*5・6・7・9・10月 1回/月    計 5回

(学校からの要望)・・・「発声のあり方」「姿勢のあり方」
 *子の要望は素晴らしいと思う。終始時間の限られている学校教育の中では、最初から歌うことを教える、という作業になりやすいと聞く。   しかし、小学生という時期に、カラダから発する自分の声に興味を向け、伝えたい事を想像しながら気持ちよく声を出す!!という作業は、上手にそろえて歌うことの前にあるはずなのです。
(森劇講師の希望)・・・「伝える!ということ」「一緒に創っていく!ということ」

第一回目の授業の中で特記しておきたいのは、ドレミの歌を使った簡単な発声トレーニング。
大半の生徒が落ち着いて自分自身を洞察するような様子が見られた。当然 声も自然体たなっていた。(^◇^)(*^_^*)
また、舞台で歌うということは、誰かに何かを伝えたい事だったり、何かをプレゼントする!ということに似ている!!  という話から、5月生まれの生徒にお客さん役になってもらった。
そのお客さんの感想が、「きれいな声!」「すごい上手!」「上達が早い!」と一人一人自分の言葉で的を得ていました。

しかし、この1分ほどできるトレーニングを工夫し継続してもらうのは、担任の先生にお願いするほかなく、これから大人同士が(教師と講師)どのように、目標や課題を共有し協力し合えるかが重要になってくる。
また、この二者を上手く活用できる、コーディネーターの役割が、とても大きい。

本日歌った曲は「オー・シャンゼリゼ」  ちょっぴり紳士・淑女となって、素敵で楽しい時間でした。

Update:2017-06-05 Mon 03:45:01  |  contact  ページトップへ
津市民薪能2017
2017年4月29日(土)17時30分
本番 
本番を終えて 
リハーサル 

昨年に引き続き、何かオープニングに思考を!という依頼をいただいた。

今年は、舞台上で演じる、表現するという前に「存在する」ということに目を向けてみました。
うっかりしていると、アッ!!という間に一年が過ぎてしまう今、確かに自分が今在る!といったことを大切にしたい、という意味で、歌も踊りも和も洋も、まずは横において、それぞれができると思うことを出し合えたなら、今回関わる個人の想像は超える「原点」という作品が生まれてくるような気がした。

  創作 『原点』

構想:長野多恵 / 音楽構成:伊藤知子 / 衣装:笠松智子
出演:長田 驍/小柴信之/小川由子/松岡夢乃/小柴知之/小川桜/須藤くるみ


いろいろな世代、そしてそれぞれに違ったことを追求してきた人間が、自分の思いを出し合うことは難しい。      ただ、誰一人2か月という準備期間、違う意見を拒否しなかった。   受け入れるのではなく、否定しなかったという時間は、最後の最後に同じ舞台に立つ仲間になれたように感じた。
観に来てくださった方々に、ほんの少し特別な時間を提供できたかな?

野外の 昼間から夜に移る特別な時間、格別な演出効果があった。

Update:2017-05-06 Sat 23:52:09  |  contact  ページトップへ
洋舞フェスティバル「せかいのはてってどこですか?」終了
2016年12月25日(日)
井戸の中しか知らなかったカエルは、ひょんなことから井戸の外へ!! 
井戸の中が、世界の全部だと思っていたから、、、、もうビックリ!!!! 
いろんな生き物と出会い、井戸へは帰らない決心をします。 

特殊な公演だった。

津市の公共事業として舞台芸術に触れる企画が立ち上がることを、みんなに知ってもらいたいという、津・子どもパフォーミングアーツ プレゼンテーション公演に協賛参加するというモノ。

中学生以上は、衣裳つくり・舞台セットづくり・バレエマット設置なども手掛けてもらった。
それらのことは、作品を理解しメッセージすることに加えて、自分が「舞台」が好きで、どんなところがステキなのか!!をプレゼンする助けになったと感じました。

作品の内容は、多くの経験が自分を育ててくれる。新しいこととの出会い触れ合いが広い視野、柔らかい思考を身に着けることになる、というカエルの冒険物語。

今回は、楽屋裏にポプラバレエの保護者はいない。また、指導者の私もほとんど生徒を見守る暇はなかった。
それは、悪条件のようであり、子ども達の持つ能力を発揮させる良い条件になったと思いました。       5歳にもなれば、相当達者だ!と舞台を持つ度 感じます。

楽屋裏で動いていただく大人たちから、生徒同士で準備し助け合い、また大人の助けが必要な場合の言葉づかいや内容説明が素晴らしかった。と多くほめていただいた。
私は、言葉づかいまで指導することはない。
しかし、舞台裏の切羽詰まる時間は、そこまでに良いものをみんなでつくるんだ!!という経過する時間があれば、子ども達はキリッ!シャキッ!!大人びたかっこよさを見せることが多い。(本来の姿だと思う。)
生の舞台が人を成長させる現場と言えるかもしれません。

生徒17人それぞれが、 参加を決め➡振り付け➡リハーサル➡追い込み➡本番
という一連の経過する時間を、自分自身で良い経験にした舞台だったと思います。

多くのお客さんから、称賛の声をいただきました。

ありがとうございました。

Update:2016-12-28 Wed 18:06:01  |  contact  ページトップへ
基礎表現クラス、舞台美術づくり(^^)/
2016年11月5日(土)17時30分
 
 
 

12月25日(日)本番の舞台で、基礎表現クラスのメンバーは、自分たちの住む森が大好きな動物たちを演じる。
また、このクラスは、特別に音楽や造形の時間をとっているので、その場面の舞台美術!三本の樹を作成することにした。

本当に樹を少し観察、そこに空想を入れて創作。

本日一人欠席のため、三本のうちの二本は個人での作成となった。

一人で作る面白味ももちろんあるが、今日は二人で一本の樹を作る過程での会話が耳に残った。

A「あ~、なんか青で塗りすぎたかなぁ?」

B「ちょっと待って、引いて見てみるわ!」
 「大丈夫! 大丈夫!」

(しばらくして)

二人「なにか・・・・・なにか・・・・・・物足りんなぁ・・・・。」

B「そうだ、ささくれ トゲトゲをいっぱい入れよう。」

A「わかった!どんどん切るわ!!」

(いろいろあって)

二人「いい感じ(^^♪  かわいいなぁ。力あるなぁ(^◇^)」


*踊りも、当然のことながらソロよりデュオ、デュオより・・・・・と、人数が増えれば
 面倒ながら、やれることの可能性は増える。
 一人作業の子供たちも含めて、どんどん ドンドン どんどん作業を進めていく力はついてきたと思う。
考えること生み出すことの楽しさをしっかり身に着けてもらいたい。(*^_^*)


*本番での三本の樹の登場をお楽しみに!!!

Update:2016-11-06 Sun 10:00:08  |  contact  ページトップへ
津市民文化祭・洋舞フェスティバル2016のお知らせ
2016年10月17日(月)
チラシ 
せかいのはてってどこですか? 

今年は、津市の新しい取り組み「津・子どもパフォーミングアーツプレゼン公演」に協賛参加いたします。

2016.12月25日(日)  12:30開演/白山総合文化センター・しらさぎホール

アメリカの絵本「せかいのはてってどこですか?」を巨大とびだす紙芝居として上演
します。

井戸の中で幸せに暮らしていた小さなカエル。ひょんなことから、!せかいのはて!
を見に行く決心をします。    いざ、決心してはじめの一歩を踏み出してみると
井戸の外は案外近く、カエルの中で眠っていた好奇心は、ドンドン開いてゆきます。
この物語を演ずる生徒たちにとっての!!せかいのはて!!は、何でしょうか?
そろそろ、そんなことも含めてリハーサルは少しづつ進んでいます。

年齢を問わず楽しめる作品です。どうぞ、みんなで劇場へお越しください。
入場には、整理券が必要です。また、入場無料ながら 座席指定整理券です。
10月26日(水)より、整理券の受付を開始します。
申し込み方法は、PDFファイルをご覧ください。


*11:00~ センター和室にて、くぜじゅんきさん(白山町在住デザイナー)のグループ
 による絵本の会📖

*11:45~ 段上姉妹のヴァイオリンとピアノの小さなコンサートもあります。♪♪

*おにぎり と 味噌スープも販売します🍙

Update:2016-10-17 Mon 21:25:20  |  contact  ページトップへ
身体教養講座ベーシック① 第6回講座
2016年10月10日(月)
ねじる!!身体教養運動! 

【背骨三方向の動き・・・・ねじる・・・・】

とうとう床が寒くなって、だら~りカラダを横たえることからスタートを切れなくなった。
私は、臥位になってカラダを緩める作業を大切にしているが、教室ではしばらく
お休みとなる。
けれど、同じメニューを繰り返すことの苦手な私には、季節と共に導入が変わるのは
良いことなのかもしれません(*^^)

今日のポイントは、「ねじる」下丹田サイコロ➡中丹田サイコロ➡上丹田サイコロと、
ゆったり順番にねじることができると、、、、、、なんだか視界が開けるような不思議な
気持ちよさ(^O^)/


Update:2016-10-17 Mon 20:52:29  |  contact  ページトップへ
ベーシック①講座・第5回講座
2016年9月8日(木)
ベーシック① 第五回講座資料 

今月は、「背骨三方向の動き ~横Cカーブ~」です。

身体教養の最も大切にしている導入!
意識をカラダの奥へと深め、足の裏から吸い込み、手のひら足裏から吐く、という
整え呼吸。

臥位の姿勢なら、海岸に寝転んで、海からもらって海へもどす。
立位なら、大地とのやりとりといったところでしょうか?

***手の平から吸って、肋骨の提灯を膨らませ、反対側の肩周りを
とかしながら腕から流す(^^)(*^^)****
〈親切に・ゆっくり・丁寧に・感じ取りながら行うことが大切です〉

             ⇩

体幹筋が緩んで、優しく引っ張られていく➡気持ちEです。

Update:2016-09-13 Tue 11:09:49  |  contact  ページトップへ
ポプラ・基礎表現クラス~動物の面づくり~
2016年8月27日(土)16時
いろんな色の毛糸・・・・・・・選ぶ!というのも大切な感覚。 
お面や人形は、目が命!と言う。素敵な目が入った。 
今日の作業は、ここまで(^^)/ 

基礎表現クラスの5人!今年12月大きな舞台に立つ。
絵本「せかいのはてってどこですか?」の中の森に棲む動物たちを演じる。
今日は、その舞台背景に使う、各自の動物のお面をつくる作業。

しかし、単に絵本に出てくる動物をマネて作るのではない。
少しだけ振付に入った中、自分の想像する動物の雰囲気や気配も含めて形にしていこうというもの。
●この、大人でも理解困難な、抽象的なことに関する説明に対し、子ども達は、あっさ
り 作業に入った。 これは理解力が優れているというより、井村先生との間に信頼関
係 ができてきて、とにかくやってみる!!という大切な行動に、心配や恐れがなくなって来ているように感じた。

面となる土台の顔の輪郭は、井村先生が用意してくださった。
子ども達のする作業は、

画用紙をひたすら葉っぱ様の形に切る 

          ⇩

切った画用紙に、パンチで穴をあけて

          ⇩

毛糸でつないでいく

          ⇩

お面にデコレーションしていく

●これらの作業の中に、ハサミ・パンチといった道具使い。穴をあけるにも、どこでもよ   いわけではなく、少しづつ予測を立てることが必要となる。
 画用紙を並べる色合わせ、毛糸の色選び、また、穴に通して結ぶという、手先の作
 業。大切な感覚の作業がたっぷり入っている。

●しかし、私が今回最も素晴らしい!!とこのプログラムの中に感じたのは、
目標がない!!ということ。
最初の説明だけでは、完成図まで想像がつかないので、とにかくやってみるしかない
単純作業の繰り返しの中から、自分の好みが見えてきたり、
もしくは思いもよらない色や形が生まれてきたりする様子が見られるのは、こちらも
嬉しくなる。
単純作業が続く中、肩が凝って バーにぶら下がってストレッチしながらも、みんな
手は止まらなかった。(#^.^#)2時間半!

●それから、もう一つ。失敗ということが、ありえないということ!!
最初のうち、子ども達は「変なところに穴をあけてしまった。」「毛糸で結んだら、葉っぱ
の鎖がゆがんでしまった。」といったことを口にしていたが、『それもステキだよ。
穴もよいデザインになる。』『ゆがんだ鎖に、もう一本鎖をくっつけてみては?』といっ
たアドバイスで、また安心して作業を続けられる様子だた。

●現代の学校の忙しさからか? とにかく早く仕上げなければ!!という様子が
少し気になった。「急いで」「はやく」という言葉は、想像を育むのにはマイナスだ。
よ~く見て、よ~く感じて、よし!!と納得がいくまで、できることのたのしさ。
自分の手の中から、形が生まれる面白さを、小さいうちに身に着けてほしい、というの
が、この基礎表現クラスの目的だ。

◎保護者の方へ◎
おうちでも、ちょっとずつお面が育っても良いね!と井村先生から話されています。
しかし、やらなくても問題ありません。やらせることはしないでくださいね。
ただ、次回も使いますので、保存はお願いします。(^^)/

Update:2016-08-30 Tue 05:58:12  |  contact  ページトップへ
身体教養教室・特別講座に関して
2016年8月26日(金)

今年度の特別講座の予定は、8月29日(月)・10月31日(月)です。

この2回は、ポプラの教室を抜け出して、「森の劇場プロジェクト」の中の企画で実施
いたします。

8月29日(月)は、プロジェクト内でのデモンストレーション講座で、一般の参加が
できませんが、
10月31日(月)は、添付のチラシ内容で、どなたでも参加できます。
是非、ご参加ください。お待ちしています(^^)/(^^)/

注意) HPにある、お問い合わせフォームから申し込めます。
    ①氏名 ②年齢 ③住所 ④電話番号を、ご記入ください。
    上記代表者、他、氏名のみで5名様まで一度に申し込めます。
    **9月21日(水)から受け付け開始**

Update:2016-08-26 Fri 14:35:01  |  contact  ページトップへ
H28年度 洋舞フェスティバルの予告案内
2016年8月9日(火)
 

=バレエでえがく、とびだす紙芝居= 『せかいのはてってどこですか?』

これは、アルビン・トゥレッセルト(アメリカ人)という人の描いた絵本です。
井戸の中で暮らしていたカエルの中に、外の世界(せかいのはて)への興味がわき、いざはじめの一歩を踏み出してみると、外の世界は意外に近く、自分の好奇心に素直に、ドンドン どんどん ドンドン どんどん歩いていくうちに、考える力、想像する力、そして 選ぶ力を身に着けていく!というお話です。


今年度の洋舞フェスティバルは、津・子どもパフォーミングアーツ プレゼンテーション公演との共同開催をいたします。
この作品に取り組みながら、改めて 今自分たちが続けてきた舞踊の持つ、自身の開放やメッセージ性を感じ考えるチャンスにしたいと思います。
その中から、パフォーミングアーツて、何だろう? どんな意味があるんだろう?ということを投げかける役割を担えるよう、頑張ります。

●  2016.12月25日(日)   12:30開演予定 

●  津市白山総合文化センター  しらさぎホール

●  入場無料 (要整理券)  10月末申し込み開始予定

乞うご期待ください(#^.^#)  

Update:2016-08-09 Tue 15:45:38  |  contact  ページトップへ
Found 10 new information(s).
more ……
 
〒515-2602 三重県津市白山町二本木306-20 / TEL : 059-262-2088 / FAX : 059-262-2088
ポプラ身心育成研究会 / URL : http://popra.jp