• ポプラモダンバレエスクール
  • 身体教養教室 桜くらぶ
  • 出張講座依頼
  • 講師紹介

三重県津市を拠点に、子どものためのバレエ、基礎表現教室、大人のための健康教養教室、出張講座、作品のアウトプットを行っている、ポプラ身心育成研究会です。

※身体教養とは、鹿屋体育大学学長の福永哲夫先生が提唱されている「自分が理想とする身体を創造していくための知識と技術を身に着ける」という概念です。
私は、先生の講義でこのお考えに出合い、現代万人に必要な処方箋であり、自分が目指す内容であると自覚しました。許可を得て使わせていただいています。
雑談記
リロード
1
なるべく多くの芸術体験が発達の栄養になる。
2018年7月31日(火)
井戸の底にカエルが10匹住んでいました。 
カエルたちは、自分の足で「せかいのはて」を探す冒険に出かけることを決めました。 
本番を無事終えて(^^)(^◇^)(^O^) 

子ども里山そうぞう学校(感じる実感体験と、思考の中を遊ぶ時間と、より伝えるための努力)、達者になる場所でなく、追求することの楽しさを覚える場所。

昨年の参加児童による創作音楽劇の上演の中から、AI時代を生きる子どもたちに総合舞台芸術がどんなに成長の栄養になるかを確認できたように思う。

自分の考えを、大切に煮詰め、表に出していく姿は、しっかり立てていて一人一人が光を放っていた。

Update:2018-07-31 Tue 19:18:13  |  contact  ページトップへ
子ども里山そうぞう学校2018開校イベントに出演
2018年7月8日(日)
 
 
 

ポプラモダンバレエスクールの最後のメンバーとなる6名で取り組んだ、創作活動。

「劇場って、素敵な場所!ドキドキワクワク胸が高鳴るよ!」と自分たちが舞台が好き!という思いを伝える作品

『ようこそ劇場へ ~みんなでつくる、すてきな世界~』上演しました。

数年前から、発表会の開催が困難なので、企画・創作にポイントを置いた創作活動を行っている。

それは、踊る・歌う・語るをトータルした!伝える!という内容に自然につながっていると感じる。

けれど、自分たちでやっていくということは理想像が低いと、途中で滞ってしまう。

今回は、WSもして、歌って踊って・・・・・・・素晴らしかったけれど、みんなの可能性はもっともっとある(^O^)  こんなもんかな?なんて思わずにどこまでもどこまでも進めることを感じ、これからの生活にどしどし活かしてほしい。

Update:2018-07-17 Tue 00:33:04  |  contact  ページトップへ
1
Found 2 new topic(s).
 
〒515-2602 三重県津市白山町二本木306-20 / TEL : 059-262-2088 / FAX : 059-262-2088
ポプラ身心育成研究会 / URL : http://popra.jp