• ポプラモダンバレエスクール
  • 身体教養教室 桜くらぶ
  • 出張講座依頼
  • 講師紹介

三重県津市を拠点に、子どものためのバレエ、基礎表現教室、大人のための健康教養教室、出張講座、作品のアウトプットを行っている、ポプラ身心育成研究会です。

※身体教養とは、鹿屋体育大学学長の福永哲夫先生が提唱されている「自分が理想とする身体を創造していくための知識と技術を身に着ける」という概念です。
私は、先生の講義でこのお考えに出合い、現代万人に必要な処方箋であり、自分が目指す内容であると自覚しました。許可を得て使わせていただいています。
雑談記
リロード
30年前の職場の上司を偲ぶ会、6月5日(日)上京
その他
2016年6月8日(水)
2列目左からの4人は、当時新人1年目だった看護婦と研修医。 みんな出世してるみたいだけど、話し始めると昔のまま。どうしてこんなに仲が良かったのか????素敵なボスや先輩のお陰です。 

 20代前半の4年間、私は国立がんセンター中央病院で看護師をしていた。頭頸部外科という、特殊な専門病棟に勤務していた。  その当時の病棟部長・小野勇先生が昨年暮れに亡くなっていたことがわかり、それを知った当時部下だった医師が、偲ぶ会を企画、私も声をかけていただいた、というわけだ。   なんだか、無性に懐かしく、行くことに決めた。

会場に着くと、製薬会社からもらっただろうクリアファイルに入った、出席者名簿と思い出のアルバムプリントが渡された。
小野先生の写真を見ながら、今思うと岡本太郎に顔も雰囲気もそっくりだな!と思った。

死に際、みんなに足を運んでもらうこともないので連絡はするな、と奥様に話したそう。
そして、こんな大切なことを思い出す、楽しい時間を提供してくれることになった。まったく、小野先生らしいね!と皆で話して、飲んで大いに笑った。

当時の婦長から一言、「白衣姿の写真がなくて困りました。遊んでいる写真ばかりで、、、、」と。   確かに、病棟旅行や忘年会、はたまた医局での飲み会の写真(;・∀・)ばかり、   学生同士のような笑顔・笑顔・笑顔!!!
久しぶりに再会した同期と、本当に恵まれた職場環境にあったことを、改めて強く感じた。

辛く厳しい時が無かったはずはない!けれど、思い出せない。思い出すのは愉しいことばかり。
年間 多くの人が命を終える医療現場で、「たのしく生活できなければ、良い仕事なんてできないよ!」ということを学んだのかもしれない。

この当時培ったことが、たのしく生きられるカラダつくり!という内容の中で、これからこそ活かされるような気がした。

とても誇らしく感じた、上司・先輩・仲間に恥じないよう、頑張りたい!と嬉しい気持ちになった。
偲ぶ会!小野先生!ありがとう!!ございました。

Update:2016-06-09 Thu 01:25:36  |  contact  ページトップへ
津市民薪能に賛助出演しました。
2016年5月4日(水)
 

4月30日(土)18:00~  津お城公園内 特設舞台

作品など詳細記事は、HP内のカレンダー4月30日をクリックください。


「天のしずく」

振付:長野多恵

音楽:伊藤知子

舞踊:柏城有沙(高2)・白藤百華(高2)・川合夏乃彩(高1)
    小川 桜(中3)・白藤聖菜(中3)

声 :笠松智子・松岡夢乃・長野多恵

Update:2016-05-04 Wed 11:09:02  |  contact  ページトップへ
ポプラ基礎表現クラス特別講座 ~草花を描こう~
2016年4月2日(土)
黙々(^^)/ 

カレンダーの4月2日(土)をクリックしてください。

特別講座の様子をまとめています。

Update:2016-04-05 Tue 14:31:23  |  contact  ページトップへ
能楽体験講座
2016年2月9日(火)
終了後の記念写真 
undefinednull

2月5日(金)19:30~21:30    能楽師の長田 驍・郷先生に来ていただき、中学生以上のお姉さんクラスで、能楽体験講座を開催しました。

数年前から、仕舞の稽古を始めた私、動の洋舞・静の能の舞、と思われがちですが、体の奥深い部分での身体使い、またそこから溢れ出る表現は、同じと言っても過言ではないと感じています。

日本に生まれた生徒たちに、そのことを体験・経験してほしいと長く望んでいました、また、長田先生という人間にも触れるチャンスをつくりたいと思っていたわけです。

その待望の時間は、私の予想をはるかに超えて、子ども達の身体に浸み込み、また表現として溢れ出ているように見えました。 日本人のアイデンティティの部分かもしれません。   先生たちにも、子ども達にも尊敬と感謝したくなるような気持・・・・・・・、またまた指導者の役得の時でした。(#^.^#)

稽古が終わり、子ども達一人ひとりの感想に、きちんと思いを伝えていただく会話のやり取りは、子どもだとか 優れた芸術家だとか、そんなことを取っ払った、真摯な素直な風景と映りました。(゜∀゜)

先生が、「私にとっても、本当に愉しい時間となりました。皆さんの舞台での表現を是非観たいと思います。舞台が重なっていない限り、必ず観に行きます。」と、残してくださった言葉。    きっと、今後 子ども達も、先生たちの舞台を観て感じ取ること、また何か誇らしく思うことがあることでしょう。 

本日 間近で鑑賞させていただいた模範演技は、生涯なかなか出会えない「時が止まってしまった瞬間」でした。


Update:2016-02-11 Thu 11:22:31  |  contact  ページトップへ
基礎表現クラスの参観日を終えて
2016年1月20日(水)
undefined

2015.12.27(日)  この年の春からスタートした小学生クラスの『お客さん(見てくれる人)がいる!!』という体験のための参観を設けました。

あれから冬休みをはさみ、新年からのレッスンの中に「こんなふうに・・・したい・・な。」という意識がみられるようになったと感じる。    上級生の演技披露を目の前で見た影響は大きいと思う。    そんな気持ちが積み重なっていくよう、大切にしたい。


テクニック的な内容より、想像して➡それを言葉にしたり、動きに変えてみるために多くの時間を使う、贅沢な時間の価値を、保護者の方と共有できることも、嬉しくありがたく思います。

研究会の桜くらぶの方々のリコーダーでの協力や、保護者のハミング応援は、体温あるシャワーになりました。ありがとうございました。


面白そうなことを見逃さない感覚、それを愉しむ勇気を身に着けていってほしいと願います。



Update:2016-01-21 Thu 00:01:13  |  contact  ページトップへ
朝体幹体操が始まって10日(*^^)v
2015年11月18日(水)
3日目の提案、この裏に体感した感想を一言(^^)/ 

毎朝8:10~「体幹創造体操(運動会で行った整理体操)」をすることになった。
登校後、一度教室に入り提出物を出してから、という厳しい条件ながら、先日から学校長の「さぁ、気持ちよく体を伸ばしましょう(^^♪という校内放送も始まり20人くらいの参加者あり。

そして、12月にはマラソン大会があるとのことで、体操の後ワンポイント体幹マラソン研究をすることにしました。本日3日目、毎日やれるという学校の環境は興味深いものです(゜∀゜)
こちらからの提案を即試す➡体感したことを一言紙に書く➡これをデータとして11月末に、それぞれ目標を立ててみることにしました。
このことが、自分の体の能力の発見になり、自分なりに工夫して、気持ちよく美しく走ってくれる、、、、という予想なのですが・・・・どうかしら?(#^.^#)



Update:2015-11-18 Wed 19:45:13  |  contact  ページトップへ
ポプラ・基礎表現クラス ~特別造形講座のあれ(^◇^)・これ(#^.^#)~
2015年11月7日(土)
null

12月末に行う参観日に合わせ(シンデレラの内容を使います。)、専門家・井村道子さんの協力をいただき、写真立ての飾り付けに挑戦しました。

🌼エリナー・ファージョン作「ガラスのくつ」から、ドコニモナイ国の女王の部分読み聞かせ。

🌼マリーアントワネットの時代の宮殿や家具、ドレスや靴、アクセサリーやかつらなどを映像で見ながら、いろいろお話・・・「なぜに、、、?、?こんなかつらが流行ったのか(;・∀・)?」

🌼布地やレースやリボン、ボタンやビーズに造花etcを使って、それぞれに写真立てを飾り付けしてみました。

思い浮かべる➡考えて➡決める➡実行を繰り返す中、黙々と集中していく子ども達の様子は美しいものでした(゜∀゜) 完成した作品も作者も少し誇らしげな様子は素敵で、この講座でエネルギーをもらったのは、、、、大人二人(*^^)v(*^^)vだったりしました。



undefined
Update:2015-11-09 Mon 11:04:44  |  contact  ページトップへ
オペラの舞台に役立つ、身体教養
講座依頼
2015年10月22日(木)
10月14日(水)紀伊半島一周の旅にて、白浜海岸で見た夕日。 

オペラの舞台に立つという、声楽家から 動きを見てもらいたいという依頼がありました。日常生活において、楽で気持ちいい身体をつくるのにとても役に立つ身体教養ですが、既に積み重ねてきたパフォーマンス力を、調和させたり、高めたりする部分でまた大きく役立ちます。    ずいぶん努力した後、さらに良いものを求める人たちは、必ず自身の奥深い部分とのコミュニケーションづくりに出くわすように感じます。       しかし、簡単なようで ポンっ!!と、自分の通常の練習法ではないところに飛び込むことは、とても勇気のいることですね。

一緒に議論しながらレッスンする中、思考と運動がつながり、運動と呼吸が調和され声に結びつく様は、まだまだ開発される希望を感じ、うれしい気持ちになりました。(#^.^#)

Update:2015-10-22 Thu 13:35:53  |  contact  ページトップへ
よいねポケット10月講座終了
2015年10月11日(日)
二人組で、足裏のツボに(゜∀゜) 

10月11日(日)・・・自分でできるツボケア ~気持ちいい癒しのお灸~・・・実施しました

何もモノを使わずに身体を調整したい!というのが私のモットーなので、終わってみて、やらずに済むならそのほうがいいよね!( ..)と思っていたように感じます。 けれど、ゆ~くりジンワリしっとり効いてきて、寝る時間になってもホンワリ(#^.^#)ホンワカいい気持!! 原材料は100%ヨモギです。  自分の身心のメンテナンスに良い方法だと感じました。

ゆったりまったりの後は、差し入れの美味しいロールケーキ(白山町の洋菓子店『節知』さんの)と紅茶🍵とおしゃべり(^O^)/とてもおいしい時間となりました。

* 帰宅後も気持ちよさが持続し、なかなか安眠できない主人にもしてあげました。(^^)/・・・・・参加者M・Tさん

**お灸は、安全で身近で気持ち良いもの!ということを実感していただけたと思います。自分を大切にする時間としても、これから生活に役立てていただけると嬉しいです。・・・・・・・担当者:谷中(^^♪

Update:2015-10-14 Wed 00:37:25  |  contact  ページトップへ
バットシェバ舞踊団の公演を観てきました。
その他
2015年10月7日(水)
2015.10.7(水)  愛知芸術劇場 大ホール 

 7月に、この舞踊団の芸術監督オハッド・ナハリンが考案したという、GAGAという名の身体調整プログラムとでもいうのか、、、、、運動のWSを受けて、その内容が大変素晴らしかったので、久しぶりに公演日がとても楽しみだった。(*けれどGAGAプログラムは、指導者・誘導者???により内容が変貌するように感じた。)

図々しいながら、GAGAをバレエに例えると、私が今研究しながら行っている身体教養プログラムは、能だと感じた。  一見、「動」と「静」という違ったものに見えるけれど、肉体の深部にまで入り込んでみると、渦巻くエネルギーは同じモノ。

バットシェバの作品は、どれも動きが多く観ていて壮観ながら、昨年 発表させていただいた当研究所の「倭姫」が目指す質感と同じ重量を感じ、からだの奥深い部分で感じ取ることができた。


バットシェバのあるイスラエル、そして日本・・・・・一国は、明日 元気に朝を迎えることができるのかがわからない情勢、また、日本は対局の部分で危機なのではないか・・・などと考えた。  けれど、舞台を観ながら、身と体でおりなす作品に希望を感じた。

Update:2015-10-22 Thu 13:07:15  |  contact  ページトップへ
Found 10 new topic(s).
 
〒515-2602 三重県津市白山町二本木306-20 / TEL : 059-262-2088 / FAX : 059-262-2088
ポプラ身心育成研究会 / URL : http://popra.jp