• ポプラモダンバレエスクール
  • 身体教養教室 桜くらぶ
  • 出張講座依頼
  • 講師紹介

三重県津市を拠点に、子どものためのバレエ、基礎表現教室、大人のための健康教養教室、出張講座、作品のアウトプットを行っている、ポプラ身心育成研究会です。

※身体教養とは、鹿屋体育大学学長の福永哲夫先生が提唱されている「自分が理想とする身体を創造していくための知識と技術を身に着ける」という概念です。
私は、先生の講義でこのお考えに出合い、現代万人に必要な処方箋であり、自分が目指す内容であると自覚しました。許可を得て使わせていただいています。
雑談記
三重大教育学部付属小学校2学年学年活動での依頼を受けて。
講座依頼
2017年9月1日(金)
若稲のように成長しますように(^◇^) 

      ・・・・・・コーディネートのすばらしさ・・・・・

育友会の役員さんから「みんなで楽しく体幹強化!目指せ元気な付属っ子!」というテーマで開催したい学年活動への講師の依頼をいただいた。
本番は、10月半ばなのだが、クラス役員で体験をしたいと言ってくださり先日親子10組ほどでデモンストレーションをした。    子ども達のことを考え、良い時間にしようという大人の方々の姿勢に感激した。そして、思考と運動のバランスの良い素晴らしい時間が生まれた。
子どもの問題は、大人同士の価値の共有なしには何も解決できません。
この役員な方々の準備があるのとないのとでは、単なるレクリエーションになってしまうのか、子どもの未来を考えるという時間になるのか、そんなことも考えないか、大きな違いを生むと感じた。優れたコーディネート力だ!!ブラボ!!

今、はっきりは見えない部分で、子どものカラダとココロを融合させて成長するための教養(呼吸法や体感調整トレーニングの知識と技術)はとても大切な時代を迎えている。
本来、頑張ることが好き!とか面白いことが好き!など人間の持つ根本的な芸術性は、人対人の関わりや自然とのかかわりの中で育まれていたのだろうけれど、それに変わる体験を持つ努力をしなければならない時代になっている、と言いきっても過言ではないと思う。

いつの間にか「芸術」という言葉が、クラシック音楽だとか美術作品といった間違った認識になっていると思う。高尚で特別なコトではなく、良い方向に向かいたいという万人に備わった機能のはず。これは、学習だとかスポーツといったことよりもはるかに優先順位が高い。
ようやく、一流企業や有名私学などでは組織単位で取り入れているらしいが、こんなところでも経済的な差が生まれるのは本当に残念。

私は、時代の危機感と同等に、いつも人のカラダの中に希望を感じる。

ともかく、10月付属っ子たちと保護者の方々と良い時間をつくれるよう頑張りたいと思った。   人と人を繋げて価値を生み出していくコーディネータさんたちにまず拍手を送りたい!(^^)!

Update:2017-09-01 Fri 12:27:51  |  contact  ページトップへ
 
〒515-2602 三重県津市白山町二本木306-20 / TEL : 059-262-2088 / FAX : 059-262-2088
ポプラ身心育成研究会 / URL : http://popra.jp