子ども里山そうぞう学校
子ども里山そうぞう学校2021 コロナ禍スペシャル プログラム

2021年度は、新型コロナウイルスの影響により
自然体験活動と芸術・表現活動を融合させたプログラムは、少人数(定員8人)で行います。

また別に劇場を活用した映像鑑賞事業を8月・9月・10月に行います。
劇場空間にすっぽり入って想像の時間をたのしんでほしいと考えます。


この”子ども里山そうぞう学校”は、感性の育みの土台となる 自然環境の中で時間から解放されて見て・聞いて・触って遊ぶことから始めます。
その時にしか吸収できないことがあります。
実感・体感のある体験こそが積み重なっていくのです。
ここでは、狭義での音楽家、舞踊家、役者といった表現者ではなく、
自分で自分を活かして生きていく広義での表現者になってほしいと願っています。
 

専科 自然活動クラブ2021  <里山そうぞう学校経験者のためのプログラム>    

定員となりました。  募集は終了させていただきます。(6/15)

・・・人と自然の営みのあるフィールドで、全身で感じ・自分で考え・たのしさを生みだす経験を積もう・・・

【日程】
1回目 : 8月22日(日)9:00頃~15:00頃
2回目 : 9月23日(日)    〃
3回目 :10月24日(日)    〃

【活動場所】
津市美杉竹原 : 鈴木牧場珠の牧

【定員】
8名程度 (4名以上で実施 / 先着順)

【参加申し込み/ ①参加児童名 ②保護者氏名 ➂メールアドレス ④連絡のつく電話番号 をこのHPよりご連絡ください。】 
6月1日(火)より受け付けます。  こちらから受付完了連絡の連絡があります。

【参加費】
13000円 (参加費:1000円  活動費:4000円×3回分)*気象等により中止の場合は活動費は返却します。

【内容に関するお願い】
参加メンバー決定後、その年齢や人数を加味して、プログラムを提案させてほしいと思います。
現在考えていることとして
・ 例えば、白山町元取公民館から林道を約五キロ歩いてみたい、と考えています。*気象を見ながら
・ 例えば、山から木をもらいベンチをつくり良い場所を選んで設置させてもらうのも楽しいと考えます。
・ 昼食に関しては、現時点では各自の準備と考えます。 コロナの状況により粗食の贅沢ランチは実施したいです。
・ その他、活動を行いながら新しいプログラム内容が浮上してきてもよいと考えます。

 

専科 舞台表現クラブ2021 <里山そうぞう学校経験者のためのプログラム>

定員を超える応募をいただき、今年度の募集は終了させていただきました。(6月13日)

・・・自分の脚て日本の歴史(文化や風習)をひも解いてみよう。何を感じ、何を伝えたいと思うのか?・・・

【日程】
(調査探検)7/11(日)・25(日) 8/11(水・祝)・29(日) 9/19(日)・26(日) 10/11(月・祝)・31(日)・・・・・・10:00頃~15:00頃
(表現練習)11/3(水・祝)・7(日)・14(日)・21(日)・28(日)・・・・・午後から
(舞台稽古)12/3(金)・・・夕方から  12/4(土)・・・午後から 12/5(日)・・・全日/本番
(振り返り)12/19(日)・・・午前中を予定

【活動場所】
7~10月は未定
11月~12月は、津市白山総合文化センター

【定員】
4名(2人以上で実施 / 定員を超えたら選考)

【参加申し込み】・・・・自然活動クラブに同じ

【参加費】
47500円(参加費:1000円 / 7~10月活動費:3000円×8回 / 11月:2500円×5回 / 12月舞台経験費含む:10000円
*別途 舞台必要実費、調査探検交通費といった経費がかかる場合が予想されます。

【内容に関するお願い】
里山ばんざい芸術祭の意図すること(自然との共存という日本の歴史に基づいた気持ちいい生活の在り方)に関して、今年は参加児童と共にフィールドワークの時間を取りたいと考えます。
現時点でその内容の詳細は未定であるものの、私たちが大切にしていきたいものを探っていくような活動をさせていただきたいと思います。 
昼食等の準備も現時点では未定です。

 

新着の情報はありません。
お気軽にお問い合わせください